『シン・クロニクル』は面白い?プレイしてみた感想や魅力をレビュー!

目次

シン・クロニクルってなに?

『シンクロニクル』とは、株式会社セガから2022年3月23日に、”あなたが結末を選ぶRPG”というジャンルでリリースされました。

2013年7月26日に株式会社SEGAから配信された「チェインクロニクル」の後継作となっていますが、続編でもないので、今作からのプレイで楽しめる内容となっています。

「ヘルドラ」と呼ばれる地方が舞台になっていて、その中心には奈落と呼ばれる穴があり、そこからは黒の軍勢と呼ばれる魔物が出てきて地上を脅かしていました。

そんな連鎖止めるべく、命を賭けて奈落に挑む、境界騎士団たちの重厚なストーリーです。

シン・クロニクル公式PV

ジャンル名の通り、ストーリーの中で究極の選択肢を選ぶシーンがいくつもあります。選択は一度きりで、選んだ選択肢によってシナリオが分かれ、味方になるキャラクターも異なります。

誰が味方になるかによって、シナリオの描かれ方、見え方が変わってきます。選ばなかった選択肢の方のシナリオは、後で読み返すこともできません。

ストーリーキャラクター音楽それぞれに非常に力が入っています。マイペースに物語に没頭できる、そんな本作をプレイして感じた点をレビューしていきます。

『シン・クロニクル』はこんな人におすすめ!
  • 王道PRG系な世界観のシナリオが読みたい方
  • ストーリー重視の方
  • 美麗系のイラストが好きな方
シン・クロニクル

シン・クロニクル

SEGA CORPORATION無料posted withアプリーチ

シン・クロニクルってどんなゲーム?

自分の選択で結末が変わるストーリー

ストーリーは立ち絵とテキストと使ったシンプルなもので進行していきます。主にメインストーリーを読みながら、戦闘パートを進めていく流れになります。

今作のキモである、選択肢を選ぶ場面では自分だけの選択が選べるようになっています。

クエストは3Dモデルのキャラで、ほぼ一本道のフィールドを進み、最後にいるボスを倒して、クエストクリアという感じになります。

道中では、武器などを拾ったりできるハスクラ的な要素も含んでいます。

3Dの戦略的なコマンドバトル

バトルは、速度のステータスに応じて、行動の優先順位が決まる、王道なコマンドバトル形式です。グラフィックはそこそこで、操作性も悪くありません。

敵の範囲攻撃を回避する手段がキャラクターを移動させるということや、敵からのターゲット管理など、意外と戦略性が求められます。歩かせてから攻撃すると配置が変わったりするので、ボス戦ではある程度工夫が必要です。

オートシステムも搭載しており、最大3倍速まで使用できるので、雑魚戦はオート機能を使って、ボスでは自分でキャラクターを動かしてというのがおすすめです。

1キャラ2つのスキルと大技を1つ持っているので、シンプルなコマンドバトルRPGより深い奥深い戦闘が楽しむことができます。

ガチャ仕様について

ガチャは大きく分けて、2種類の闇鍋仕様となっています。キャラクターとキャラにセットできる、精霊が一緒のガチャになっています。精鋭キャラクターが出る精鋭ガチャと、キーキャラクターが出る階層ガチャがあります。

☆3キャラが6%、☆3精霊は2%となっています。「精鋭キャラクター」は、イベントで役に立ち、「キーキャラクター」はメインクエストで役に立ちます。比較的若干甘めな排出確率になっています。

シン・クロニクル

シン・クロニクル

SEGA CORPORATION無料posted withアプリーチ

面白かった点は?

ストーリーに引き込まれていた

ストーリーがとにかく深くて、良かったです。プレイヤーに迫られる2つの選択肢も非常に迷いました。話を進めていくうち様々な葛藤が生まれてきて、どっち選択肢を選んだら良いのかなと心を動かされ、気づいたら物語に引き込まれていました。

Twitterに選択を共有する機能も実装されており、他のプレイヤーの選択を見るのも面白かったです。友達がいれば選択肢を話し合うのも楽しいと思います。

全部キャラクターが魅力的で、背景のストーリーを読んでおくと、選択の幅やボス戦で有利になったりとやる意味があって良かったです。キャラクターデザインも良く、物語と上手くマッチしていました。

音楽はメイドインアビスを手がけた作曲家が参加していて、世界観にあった素晴らしいものとなっていました。

過酷な奈落に挑むという設定のため、全体的に話は重めですが…

ゆるにゃ

キャラクターに感情移入しちゃう…

理解がしやすい3Dのコマンドバトル

戦闘システムは、シンプルコマンドバトル形式で、特別な操作方法がなく、わかりやすくて良かったです。

脳筋アタックでは、勝つことはできなくて、スキルやターン調整を行って戦う戦略性が必要な点は、シンプルながら奥が深くて良い点だなと感じました。

ゆるにゃ

特別な操作がなくて、わかりやすい!

無課金に優しい

ストーリーで手に入るキャラクターだけでも攻略可能な点は、とても良いと感じました。ガチャの排出率もそこまで悪くないので、最近のソシャゲの中では、比較的良心的だと思います。

微妙だった点は?

フルボイスではない

本作では、ストーリーがメインのゲームになっていますが、完全なフルボイスではありません。シナリオや展開がとても良かったので、そこが少し惜しい点だと思いました。

クエストの道中無駄が多い

クエストでも、戦闘と同じくオート移動が使用できますが、宝箱を無視して行ってボスまで一直線だったりであまり役に立ちません。

そもそも、ほぼ一本道の道中プレイヤーが横持ちで一生懸命移動していくのは、結構手間に感じました。もうちょっとサクサク進めるようになるといいと思います。

イベントが微妙

定期的にイベントが開催されていますが、そのイベントにはストーリーがついていません。しかも、タイムアタック方式になっていて、ただ周回するだけのものになっています。

なので、イベントにはストーリーを追加して、本編とはまた違った色の展開が見れると嬉しいと思いました。レイドボスバトルの開催も決まっているみたいなので、今後のアップデートに期待できます。

まとめ

最後にレビューのまとめをします。

良かった点
微妙な点
  • ストーリーに引き込まれる
  • 奥が深いコマンドバトル
  • 無課金に優しい
  • フルボイスではない
  • クエスト道中無駄が多い
  • イベントが微妙

今回は、『シン・クロニクル』のプレイ感想、評価・レビューをさせていただきました。自分自身の物語の結末を決めることができるPRG。

重厚なストーリー・世界観にマッチしたイラスト及び音楽、気づいたら物語に引き込まれている完成度の高いものになっていました。RPG好きな方はまずやって損はないゲームだと思いました。

シン・クロニクル

シン・クロニクル

SEGA CORPORATION無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次