『メモリア〜夢の旅人と双子の案内人〜』は面白い?プレイしてみた感想や魅力をレビュー!

目次

メモリア〜夢の旅人と双子の案内人〜ってなに?

『メモリア〜夢の旅人と双子の案内人〜』は、ドワーフワークスから2022年3月30日に、”思考型フルオートバトルRPG”というジャンルでリリースされました。

世界観、シナリオはファンタジーSFを混ぜ合わせたような、独特な雰囲気を持ったものになっています。

物語の展開としては、記憶喪失の主人公は眠っている時に夢の世界で宇宙の真ん中にある、という星に訪れます。

そして、失われた彼の記憶はその夢の世界の宇宙のあちこちに散らばっているのですが、主人公の記憶のかけらは世界の記憶、そのため彼にとっての現実世界の歴史や未来、そういったものにまで影響を与える特別な存在になっていました。

記憶を取り戻すためにかけらを集めるのですが、先々で様々な事件に巻き込まれます。1つの章ごとに1つのエピソードがある短編小説集のようになっています。

メモリア公式PV

本作は、個性的なバトルシステム、キャラクターデザイン・世界観・シナリオが最近のゲームの中では、一味違うの雰囲気を持っています。

筆者がそんな本作を、実際にプレイして感じた点をレビューしていきます。

メモリア  夢の旅人と双子の案内人

メモリア 夢の旅人と双子の案内人

DWARFWORKS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

『メモリア〜夢の旅人と双子の案内人〜』はこんな人におすすめ!
  • 頭を使うオートバトルが好きな方
  • 絵本なような不思議なストーリーを楽しみたい方
  • ストーリーをゆっくり読みたい方

メモリア〜夢の旅人と双子の案内人〜ってどんなゲーム?

配置で全てが決まる!3レーンバトル

バトルシステムは、バトル前に最大8体のユニットを3レーンに事前配置して、戦いが始まると設定通りにキャラが順番に出撃していきます。

ライン上の敵を倒して、列の端にたどりつき、宝石のような石を攻撃するとダメージが入り、相手のHPを0にしたほうが勝ちになります。

バトル中

8体のユニットを出撃させることができるので、基本的には3、3、2の配置がおすすめです。

編成画面

バトルが始まったらプレイヤーの操作が介入する要素が一切ないので、バトル前に敵のレーン配置を見ることができるので、敵の順番を見て、属性相性やユニット能力を考えて、キャラクターを配置するのが、非常に重要なポイントになります。

敵の編成画面

ラインは3本ありますが、2本とれば勝ちというわけではどのラインからでも1ラインだけで本丸に100%のダメージを与えることができます。

敵味方とも編成したキャラクターが全て出撃した後について、2周目の出撃ありません。バトル速度は、1倍・2倍・3倍から好きな速度を選ぶことができます。

絵本のような物語を巡る

物語ですが、冒頭でも紹介したように、記憶を失った主人公が記憶を取り戻すため、宇宙の記録を巡る旅、というものに出る内容になっています。

会話の中でアニメーションはなく、立ち絵イラストのパートボイス仕様です。

ストーリー操作画面は、3Dにはなっているが、背景はジオラマのような感じになっていて、立体的なものではないです。操作はできません。

1シナリオに1事件といった感じで、シナリオごとに違うストーリーがあります。バトルとシナリオが完全に別構成になっているため、どっちも好きな時に進めることができます。

ゆるにゃ

フルボイスではないよ!

ガチャについて

最近のソシャゲの中では珍しく、ガチャからはキャラクターしか出ない仕様になっています。同じキャラでは編成できず、被りは凸システムのような形でかけらに変換されます。

凸は同じキャラクター10体揃えて初めて完凸となります。レアリティはURSSRSRRの順で最高レアリティURの確率は5%になっています。

10連ではSRが一体確定で排出される仕様になっています。天井は300連で目玉キャラから選んで交換できます。

メモリア  夢の旅人と双子の案内人

メモリア 夢の旅人と双子の案内人

DWARFWORKS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

面白かった点は?

バトルシステムは好みが分かれそう

バトル中にプレイヤーの介入する余地がない、バトルシステムは好みが分かれそうな気がしますが、筆者は片手間でできるし、面白いなと感じました。

最初に敵の配置レーン・順番を見て、キャラクター配置を決めるのは、属性相性などの戦略性を考えないといけないし、負けた時の改善も比較的簡単でした。

小難しい操作はいらないので、バリバリなタワーフェンス型ゲームがやりたいっていう人以外なら、プレイしててストレスはないと思います。

ゆるにゃ

最初の配置で全てが決まる!

ビジュアル・世界観が良かった

独特な世界観・ビジュアルがとても良かったです。人魚姫などが登場する、絵本のようなストーリー展開には、ついほっこりしてしまいました。

イベントで特別なシナリオも見れる!

作風が合う人は、とことんハマるので、ストーリーを見るだけでも価値はあると感じました。キャラクターのデザインもメルヘンな感じで良かったです。

カーラが可愛い!

システムとしても、シナリオとバトルが完全に別々なのも、良い点でした。それぞれ集中的に行いたい時に好きなだけ進められるのは、嬉しいポイントです。

ゆるにゃ

メルヘンチックな雰囲気の作品!

微妙だった点は?

戦闘が退屈

バトル中のプレイヤーの介入ができないのは、好き嫌いが分かれるところだと思います。敵の編成を見て、それに合わせて配置を決め、だめだったら配置を変えて再挑戦。

実際のところ、プレイヤースキルはほぼ関係ないと思うので、敵に勝てない時は、キャラの強さ・育成を見直すくらいしかありませんでした。

また、バトル前に行う一番重要な事前配置ですが、敵の編成を見ながらこちらの編成を組めなかったりと色々不便な箇所が見受けられました。

この画面では編成を組めない

バトルシステムの大幅な変更はないと思いますが、最低この編成時の不便さは解消してほしいと思いました。

最初から育成が大変

キャラクターの育成では、素材はもちろん必要ですが、一番不足しがちなのがゲーム内通貨。だいぶ最初の段階から、結構な金額を要求されるため、大体キャラクターの育成がままならない感じになります。

最初から配布が多い訳ではないので、運営には始めたての方が育成しやすい環境を整えてほしいです。

まとめ

最後にレビューのまとめをします。

良かった点
微妙な点
  • シンプルな3レーンバトルシステム
  • 作り込まれたビジュアル・世界観
  • バトル中プレイヤーの介入する余地がなさすぎる
  • 最初から育成がキツい

今回は、『メモリア〜夢の旅人と双子の案内人〜』のプレイ感想、評価・レビューをさせていただきました。思考型フルオートバトルRPG。

好みの分かれるバトルシステムですが、筆者は結構好きな部類でした。やや不便なところもありましたがアップデート等で改善が期待されます。独特な世界観と絵本のようなストーリーが魅力的な作品でした。

メモリア  夢の旅人と双子の案内人

メモリア 夢の旅人と双子の案内人

DWARFWORKS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次