『ヒーローダイス』は面白い?プレイしてみた感想や魅力をレビュー!

目次

ヒーローダイスってなに?

『ヒーローダイス』は、ゼニマックスアジア株式会社から2022年3月31日に、”運と戦略のスゴロクバトル”というジャンルでリリースされました。

スゴロクバトル要素を掛け合わせた新しいバトルシステムが特徴的です。カードを使用して、戦略の幅を広げていったり、することができます。

本作に、シナリオやストーリー要素は全くなく、スゴロクを使用してのバトル要素のみです。

スゴロクというと、複数人の対人戦がイメージされますが、このゲームは敵などのボスをマルチプレイで協力することができるゲームになっています。

雰囲気としては、モンストやパズトラのような割の昔のスマホゲームの懐かしさを感じられる作品になっています。

ヒーローダイス公式PV

スゴロクとカードの2つの要素がかけ合わさった本作を筆者がプレイして感じた点をレビューしていきます。

ヒーローダイス

ヒーローダイス

ZeniMax Asia K.K.無料posted withアプリーチ

『ヒーローダイス』はこんな人におすすめ!
  • スゴロクとカードを融合させたバトルシステムを楽しみたい方
  • 深い戦略性の楽しみたい方
  • パズドラやモンストのゲームシステムが好きな方

ヒーローダイスってどんなゲーム?

スゴロクとカードが融合したバトルシステム

本作の一番メインであるバトルシステムは、スゴロクの要素にキャラの能力とカードの効果を組み合わせて戦う仕組みとなっています。

ソロプレイ時のパーティ編成は3体編成+ゲスト1体の計4体でバトルを行っていきます。キャラクターは、3Dミニキャラが盤面上に登場して、通常攻撃・必殺技ともにアニメーションが入ります。

サイコロを振って、キャラクターが配置されたマス目上のマップを移動していくことで攻撃することができます。キャラクターが別のキャラクターを追い越す(クロス)することで、攻撃が追加や強化されていきます。

ここまでは、オーソドックスなスゴロク要素だと思いますが、このゲームに大きな戦略性を与えているのが、”カード”です。”カード”はバトル前にデッキを組むことができ、それぞれに設定された消費MPをコストして支払い使えます。

カードには、様々な種類ものがあり、サイコロの数を増やすもの、サイコロの出目を奇数にするもの、キャラクターの配置を変えるものなど使用するカードによって、戦略が大きく変わってきます。

ガチャについて

ガチャの排出は、キャラのみとなっており、レアリティは☆4と☆5のみ。☆5の排出率は脅威の6.5%となっていますが、天井要素はありません。

チュートリアル終了後のガチャでは引き直しが可能なため、リセマラの必要性はありません。確定チケットもあり、ガチャを回すための石もメインストーリーを進めていくことで50連以上引けるようになっています。

カードの入手方法については、ガチャ要素はなく、クエストなどで手に入るポイントと引き換えたパックで手に入れることが出来ます。レアリティはゴールドシルバーブロンズとなっています。

もちろんレアリティが上がっていくごとに強力なものとなっていきますが、デッキに組み込める数が限られているため、考えられたデッキ作りが求められます。

育成について

育成システムは、シンプルになっています。キャラのレベルアップ・同キャラ合成のスピリット進化・最大レベルから特定の素材を使用して行う、ヒーロー進化が主な育成要素となっています。

ヒーロー進化では、キャラのビジュアルも豪華になっていくので、育成するモチベーションが上がります。

経験値が1.5倍になる大成功が起こった場合など、使用した素材で余った分は返却してくれるのは、ちょっと嬉しいポイントでした。

ヒーローダイス

ヒーローダイス

ZeniMax Asia K.K.無料posted withアプリーチ

面白かった点は?

スゴロクとカードが絡んだバトルが楽しい

スゴロクとカードが絡んだバトルは、新鮮かつ高い戦略性が必要なところが面白いです。特に、カードが大きなアクセントになっていて、奥深いゲーム性を演出しています。

ヒーローに個別に設定されている属性・アビリティ・攻撃範囲等を考えてパーティ編成をして、シナジーのあるカードデッキを組む、バトルシステム自体は、シンプルなように見えますが、そのターンに使用するカード、止まるマス目によって大きく戦況が異なってきます。

カードは、MPがある限りは1ターンでいくつでも使用することができて、増えたサイコロを振って大ダメージを出す時の爽快感が半端なかったです。

大きな要素であるカードが課金性じゃないところもいいバランス調整だなと感じました。

色々な戦略を考え尽くした上で、最後に運要素を絡めながら進めていくドキドキ感は、バトルの緊張感を高めてくれています。

ソロプレイ時のスピード感がよく、ついついクエストを進めていってしまう、中毒性がありました。

バトル中の演出が凝っている

まず、盤面上を移動する3Dのミニキャラが可愛いです。マス目をちょこちょこ移動するキャラを見ると、バトル中でありながらほっこりしてしまいます。

それぞれのキャラクターごとに通常攻撃・必殺技にアニメーションがあり、演出が凝っていました。ただ、必殺技に関しては、貯まるまでのターンがかかりすぎて使う前に戦闘が終了してしまうケースがあり、そこは調整が必要かなと感じました。

微妙だった点は?

序盤はちょっと微妙かも

面白い!と感じるまで少し時間がかかるゲームだと感じました。序盤はキャラクターレベルを上限まで上げていくだけで、脳筋で進められちゃいます。

クエストを進めていくと、徐々にマス目のギミックが追加されていったり、敵キャラが強くなったりとやり込むほど面白くなってくるゲームなので、辛抱強くプレイしていくことが必要になります。

オート機能等の実装はなく、今のところは完全手動で進めていく流れになります。キャラデザインについては、賛否両論あるようですが、筆者は少し古めかしい感じがとても良かったです。

まとめ

最後にレビューのまとめをします。

良かった点
微妙な点
  • スゴロク×カードの新鮮なバトルシステム
  • 凝ったバトルアニメーション
  • 面白さを感じるまでに時間がかかる

今回は、『ヒーローダイス』のプレイ感想、評価・レビューをさせていただきました。”運と戦略のスゴロクバトル”を掲げている本作。理解しやすい内容でありながらも、奥深いバトルが楽しめるゲームでした。

まだ、リリースしてまもない本作ですが、ゲーム性・バランスが非常に整っていました。

現状ユーザーやイベントは、少ない印象ですが、これからコラボ等で規模が拡大していく可能性が高いと思います。今さらパズドラ、モンスト始めるのはなぁ…と思っている方は、一度プレイしてみてはいかかでしょうか?

ヒーローダイス

ヒーローダイス

ZeniMax Asia K.K.無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次